ブログ運営とか

Google AdSense合格報告、そして広告ブロッカーについてちょっと思う事

みなさんこんにちは、おーん(@onmokoblog)です。

今回はとある報告…と言ってもタイトル通りですが、報告と、少し雑談的な感じで広告ブロッカーについて思うことを書いていこうと思います。

Google AdSenseに合格しました!

今回も報告記事になってしましますが今回の報告は個人的に嬉しい報告です。タイトル通り私おーん、Google AdSenseに合格しました。

というのも、前々から申請はしていたんですが、申請中に嬉しくない報告があってしまったりして2回も「サイトが見れないので駄目です」と言われてしまう始末でした。

しかし!!!ドメインが解除されることにより申請がちゃんと通るようになり、無事Google AdSenseに合格しました。でめたしでめたし

因みになんですが、ダメ元で通してる感じだったので正直受かってびっくりです。これamazonアソシエイトも同じ展開だったのでびっくりしました。なのですべての記事を1000文字以上にするとかそういう対策はしてなかったです。多分JINのおかげで受かったのでJINみんなも買いましょう。(ステマ)

※JINというのはwordpressのテーマ

広告ブロッカーに思う

で、先日からブロガーの中で少し話題になっていた広告ブロッカーについてです。前々から「広告」に関しては、意識するほどのものでもないし、もっともクリエイターへ恩返しできる一つの方法と捉えていました。

これはブログでもyoutubeでも同じで、クリエイターは素晴らしい動画、記事などを作る時には時間と労力と知識を使って作り上げていて、視聴者や読者などが、つまり自分が過ごしたことのない時間を圧縮して作っているわけです。

※「自分が過ごしたことのない時間」とは、同じジャンルで動画を作っていたりしても作ったものに書けた時間や作ったものはまるっきり同じなわけがないので、結果的に違う時間になるということです。

そんな時間と労力の賜物なのに受け取る側は広告をブロックしようとするわけです。なぜなら邪魔だから。はっきり言って、こんな失礼なことはないと思います。本当に腹立たしい話でムカムカしながら書いてるので支離滅裂になってるかもしれませんが、時間と引き換えにクリエイターに対価を支払えるなんて素晴らしいシステムはないと思います。

そして無料が当然みたいな風潮も苛立たしい限りで、Music FMみたいなアプリも当然ですがクリエイターや音楽会社を苦しめていきます。「投げ銭」が流行る界隈もありますが、それとは反対にマナーやリテラシーのなっていない、自分の利益しか考えられないような人間が居る部分もありあます。もしそんな人間が大半を締めたら当然ながらクリエイターは対価がもらえず、界隈は腐っていくのでさっさと「無料が当たり前」という考えが根絶されてほしいです。

 

まぁ長々と書きましたが、僕は広告ブロッカー反対派でクリエイターに正式に対価をしたらうべきだと思います。以上俺の独り言でした.

それではみなさん、さようなら。